♪ ライトワーカーを応援するインターネットラジオ、珠帆印inねとらじ ♪

ご訪問ありがとうございます。
2009年から2016年まで、ライトワークという大きなテーマのもと、
珠帆美汐ほかのパーソナリティーが、様々なゲストとトピックで
7年間にわたって毎週放送していました珠帆印ねとらじですが、
2016年9月をもって惜しまれつつ放送終了いたしました。
これまでのご愛顧ありがとうございました。

このブログでは、ポッドキャストを配信していた2011年から2015年の
過去放送分をお楽しみいただきたく思います。
なお、ファイル容量の都合で、古い一部の記事とファイルは
削除していますのでご了承ください。

綺麗事だけではない、人間らしく、地に足のついたスピリチュアルとは何か。
社会を住みよく明るくするために私たちにできることは何か。
そのへんのテーマについて、楽しく真面目に語ります。

2015年2月以降の音声は、こちらのYouTube再生リストをご覧ください。

2014年10月15日

2014/10/1 「スピリチュアルエロス」 珠帆美汐×ウラゆきこさん



z00267z542dc309621b2.jpg

10月1日は私、珠帆美汐がパーソナリティです。
ゲストはインナーチャイルドセラピストのウラゆきこさん!
テーマは「愛される嫁になるには?〜変態マニアな夫を創る」。

ウラゆきこさん、年下のパートナーととても良い関係を作られています。
フェイスブックなどでそのお二人のやり取りを見ていて、感銘を受けることもしばしば。

その、「愛され妻になる秘訣」をぜひうかがってみたいと思いました!
みなさんも知りたいでしょ?(^^)

副題の「変態マニアな夫を創る」っていうのも笑えますよね(^^)
興味津々。

明日、10/1水曜日夜10時から、空けておいてください!

特に面白いのがこのブログ記事(^^)
ご主人、12歳も年下なのねーーー。
なんかすごいなー(^^)

「可愛がられる嫁でいること」
http://ameblo.jp/lovebundle/entry-11926761546.html

そしてまた、こういう真面目で勉強になるインナーチャイルドの癒しについてのブログ記事も書く方です。

「告白します。それが愛情でも親の傷ついたインナーチャイルドは人生からやる氣を奪う。」
http://ameblo.jp/lovebundle/entry-11929606160.html

実体験に基づいたお話は、沁みますね(><)
深いところから揺さぶられます。


■ゲスト紹介

★ウラゆきこ:関係性トレーナー 
http://ameblo.jp/lovebundle/
http://www.love-bundle.com/

子ども時代の劣等感や自信のなさから人とまともに関われなくなり、
愛されるということ、人に好かれる人気者になりたいと努力してきた。

ミステリースクールで魔術や形而上学、瞑想その他をストイックに学ぶ。

スキルアップ、人間性を磨くことなど・・・努力の末に気が付いた。
人間関係に一番大切なことは「自分を受け入れる」ことだった。

現在はインドの悟りのためのエネルギー伝授ワンネスディクシャのトレーナー。
そしてインナーチャイルドの癒しのためのワーク、人間関係のためのスキルなどのセミナーを行っています。


■パーソナリティ:第1週担当 珠帆美汐
メール asahioka★hotmail.com(★を@に変えて送信してください)
サイト http://sprtcoach.com/
ブログ http://ameblo.jp/tamahomisio/
フェイスブック https://www.facebook.com/hamadachizu

あなたがあなたらしく輝くことは、周囲を明るく照らすこと。
眠れるライトワーカー(世の中に光をもたらす人)を目覚めさせ、
自分を生かすことで社会に貢献したい方を全力で応援します。
スピスピが苦手なスピリチュアルコーチ。
座右の銘は「現実動かしてナンボ」。
posted by tamahoradio at 19:48| 2014年放送 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014/9/24 「あぜくらみちたかのビバ!青春 深夜の部室へようこそ」 畦倉充隆×たばたよしこ×古川いてる



i00266i5422dca73855b.jpg

今月の深夜の部室、ゲストはあぜくらみちたかの深夜の部室には、フレッシュなおふたりが登場します。

「独自性ライター」のたばたよしこさんと、
ギター講師兼「気まぐれ屋」の古川いてるくん。
ふたりが最近、コラボを組んで始めたのが、「共感力調整セッション」。

左脳担当、たばたよしこさん。

透明感のあるクールビューティと見せかけて、実はとっても熱い人。
仕組みに熱く、特技を詰めて探求するマインドは、生半可ではない。
自分自身が悩んで悩んで、苦しんで、どん底から浮上してきたというよしこさん。
その経験から、本人が苦しくならない集客・告知の器を作るのが、彼女の得意分野。

右脳担当、古川いてるくん。

「スカイプであなたの話を聞きます。秘密厳守、墓までもって行きます」
思いついて、そんな謳い文句の「秘密屋」を立ち上げたのが、そもそもの始まり。
セッションをやるうちに、自分の話す分量、相手からキャッチするものが増えてきた。
自然にできた別メニューが「気まぐれ屋」。
繊細な体感とキャッチ力で、クライアントと自由に遊ぶ。
体感で捕らえたものをフィードバックするのが彼の持ち味。

仕組みに熱いよしこさんと、体感を拾うのは抜群だけど、整理は苦手ないてるくんとの組み合わせが起こした、鮮烈な化学反応。

本来は一人のセラピストが行っていることを、それぞれの得意分野を持つふたりが分業する。
そのことで、より効果的なセッションができるようになってきた。

コラボをやる過程で起こる葛藤と解決の流れも、存分に味わったふたり。
そこには仕事のコラボのみならず、パートナーや友人をはじめとする、あらゆる人間関係をより良くしていくためのヒントが、詰まってる。

そんなよしこ&いてるの話、ちょっと聞いてみませんか?

パーソナリティは、部長のあぜさん、副部長のみかさん、部員のともみん。
あなたと夜のひとときを、ご一緒します。


【ゲスト:田畑慈子 (たばたよしこ)】

専門学校卒業後、歯科技工士、手芸用品販売、ジュエリーデザイナーアシスタントと、ジャンルは異なるものの「創ること」に携わる仕事を経験。

2005年に結婚、専業主婦に。結婚生活と自己実現の板挟み状態に悩み、無力感にさいなまれ、引きこもり状態になる。
現状を変えるべく受けたカウンセリングをきっかけに、NLPを学び始め、人の性質・行動は、一見ネガティブなものであっても、必ずポジティブな側面が隠されていることと、それを見出す手法があることを知り、衝撃を受ける。
独自性にこだわる気持ちから、「心理学とアートを融合したオリジナルな何かをやりたい!」と漠然と考え始め、マインドマップ、アートセラピー、コラージュと、心理学的かつ美術的な要素を併せ持つ学びを重ねる。

2012年に離婚を経験。感覚や想いを見える化し、思考をまとめるスキルが、離婚という人生の大きな決断にも役立つことを実感する。

2014年より、それまで培った「見える化力」「まとめ力」を活かし、独自性のソースとなる非言語の能力・資質・スキル・ノウハウを、ご依頼者様の感性・価値観にフィットする言葉で、わかりやすく言語化する独自性見える化ライターとして活動を開始。

独自性見える化プロフィールを創りあげる過程において、大切にしているのは、気配を言葉に置き換え、繊細かつ大胆に心に響く表現を追究すること。

(HP)http://cct-profile.shiawase-mieruka.jp/

(ブログ)http://ameblo.jp/dokujiseimieruka/ 
 

【ゲスト:古川イテル (ふるかわ いてる)】

「2013年4月よりギター講師をはじめました。
生徒さんの好きなおんがくを
いかに楽に楽しく弾けるようになるか
かんがえてます」

「なんか見たことある!
と思ったら遠慮なくともだち申請下さい。
「どこで会いましたかー○」
とか聞くと思うので僕の記憶を呼び覚ましてあげてください☆」

活動名「古川イテル」
本名:古川偉輝

その他、ねとらじディレクター、「便利屋」音響&楽器レンタル、悩み相談「秘密屋」、遠隔ヒーリング「きまぐれ屋」「響き☆狂わさる会」ファシリテーター、「イテリエイト&買物代行」など、札幌市内を中心に、多彩な活動を繰り広げる。

(HP)http://iteruguitar.jimdo.com/

(FB)https://www.facebook.com/iteru.furukawa


【部長(メインパーソナリティ):畦倉充隆(あぜくらみちたか)】

千葉県柏市の「愛と桃舎」のセラピスト、通称あぜさん。
公私ともにみかさんのパートナー。

26歳で就職先を解雇されて以来、長く引きこもり状態に。
プロ家庭教師として、不登校や学習障害児とも関わる中で、様々なセラピー技法を組み合わせ
指導してきた経験を生かし、セラピストに転身。
料理、調理器具、街歩き、音楽と多才で多彩な趣味を持つ。
ツィッター・FBに綴る日々のつぶやきは、根強いファンを持つ。

(twitter)http://twilog.org/peachful

(FB)https://www.facebook.com/michitaka.azekura

(ラジオ)あぜらじ〜今夜もしゃべりっぱ(仮)  http://ustre.am/1erOH


【副部長(パーソナリティ):畦倉美佳(あぜくらみか)】

千葉県柏市の「愛と桃舎」のセラピスト、「トラウマ解放スペシャリスト」通称みかさん。
公私ともにあぜさんのパートナー。

31歳からセラピーを受けはじめ、クライアントとして自己回復作業の過程で、
かつて臨床心理家になりたかったことを思いだし、ふたたびその道を目指すことを決意。
自分自身の癒しと解放を続ける中で、 さまざまな心理療法やヒーリング技法を身につける。
セッションの継続率はほぼ100%を誇る、コンテイン力に優れたセラピスト。

(HP)http://aitomomosha.com/index.html

(FB)https://www.facebook.com/mika.azekura

(ラジオ)「上級セラピストになるには?」
      〜トラウマ解放スペシャリスト あぜくらみかのラジオ
      http://www.ustream.tv/channel/みからじ1


【部員(パーソナリティ):なかおかともみ】

北海道札幌市 「ともみん企画」の押しかけプロデューサー兼、
「耳と心のつぼ押しジュエリスト」兼、会社員。通称ともみん。

2012年春より、コーチング、NLP、フラワーエッセンスなどを学びつつ、
セミナーの運営サポートの活動を行う。
2014年春、愛と桃舎の札幌ツアーの企画をきっかけに、愛と桃舎と「あいともみんみん舎」を結成。
ねとらじの押しかけプロデュースやネットラジオ、スカイプセミナーの主催等行う。

(FB) https://www.facebook.com/tomomo.na

(ブログ)http://ameblo.jp/tomomin311

(ラジオ)平成無責任ラジオ? ともらじ☆みんみん♪  http://ustre.am/1f9vj
posted by tamahoradio at 19:42| 2014年放送 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014/9/17 『妖怪ラヂオ』甲田烈



uid000001_2013110500350320be9246.jpg
 甲田烈「妖怪ラヂオ」

 今回はセルフトークです。題して「秋の学会スペシャル: 哲学と霊性をめぐって」です。
 先週、2日続きで国際井上円了学会(http://www.toyo.ac.jp/site/iair/)と日本トランスパーソナル学会(http://www.toyo.ac.jp/site/iair/)という場所で発表をさせていただき、かつ参加者とのやりとりも楽しんできました。
 両者はそれぞれにカラーの異なる学会で、井上円了学会のほうは思想史研究や文献研究といったアカデミックな傾向の濃いもので、トランスパーソナル学会のほうは心理臨床の実践者として日々クライエントに接している方が多いという傾向があります。
 ただ、今年は興味深かったのは、共通して「霊性と哲学」という問題が問われていたことです。井上円了は哲学者としても、「真怪」のような直接知を強調し、哲学の極限は宗教に行き着くと考え、「哲学宗」と自らを称してはばからない側面も持っていました。一方、今回のトランスパーソナル学会で話題となり、近年再評価の方向にあるイスラーム学の碩学・井筒俊彦(1914-1993)は若いころに父親から行を与えられ、瞑想も続けていたといいます。
 一体、哲学と「行」との関係はどのようになっているのでしょう。これは近代日本における知のありかたを問うという大きな問題ともつながるのではないでしょうか。

 そして「哲学」と「霊性」をたてわけないときに、考えるな、感じろ!でもなく、もっと考えろ!でもなく、感じつつ考える=もの思う、という方向が、そこに開けてくるように思われます。

 今回は学会という、普段みなさんがあまり触れない空間についての体験記と紹介も兼ねて、哲学と霊性について考えてみたいと思います。
 
 乞うご期待!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■パーソナリティ:第3週担当 甲田烈(こうだ・れつ)

哲学者・妖怪研究家。

東洋と西洋の哲学・思想を軸としながら、実生活にも応用可能な「非人称的アプローチ」というメタ理論を開発中。不思議な現象が伝えられている現地に赴き、直観的に感じとることと、文献を用いた論理的思考の双方をこよなく愛する。

東洋大学文学研究科博士後期課程満期退学。2004年より相模女子大学非常勤講師・河合塾河合文化教育研究所研究員。著書に『手にとるように哲学がわかる本』(2008年、かんき出版)、共著に『インテグラル理論入門T・U』(2010年、春秋社)がある。

近著は『妖怪を知るためのレッスン』(2014年刊行予定)がある。関連論文多数。
フェイスブック(https://www.facebook.com/retsu.koda)
ブログ「事場師の風景」(http://fieldificator.seesaa.net/)

posted by tamahoradio at 19:34| 2014年放送 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。