2014年01月06日

2013/12/25 【ビバ青春!】深夜の部室へようこそ あぜくらみちたか



深夜の部室へようこそ♪
本日のねとらじは、「年末リクエスト特集!」。

Facebookでコメントくれたり人が、
公募しろとそそのかすし、みかさんがそーしろとゆーし、
もーこの際、他力本願、他人任せ、風任せだっ!

お便り下さい。
リクエストされた話、何でもします!!

世界がどうあろうと、地球が滅びようと、人類の未来も関係ない。
今だけは、たった今目の前にいるあんたの味方をし、
味方の目で世界を見渡し、
あんたが大事にしたいけどまだ出来てない、
あんたにとって一番大切なものこそ、
世界で一番大事なものなんだと、
断言してあげるのが、
ぼくの仕事かもしれない。
(畦サイト http://azekura.jimdo.com/ より転記)

そんなあぜサンタからのスペシャルプレゼント
あなたも受け取ってくださいませ!!

掲示板はこちら
http://therapist-jp.com/modules/d3forum4/index.php?topic_id=255

【部長(パーソナリティ):あぜくらみちたか】
z00202z519ce3ff752ec.jpg

畦倉充隆:千葉県柏市のセッションルーム愛と桃舎のセラピスト。
クライアントさんと長期間じっくり関わって、
病気を治すのではなく人生を根本から変えていく、
人生再建をサポートしている。
かつ、やる気のない“でもしか”セラピスト。
畦サイト
http://azekura.jimdo.com/
posted by tamahoradio at 15:01| 2013年放送 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月23日

2013/12/18 『妖怪ラヂオ』〜井上円了・柳田國男特集〜 甲田烈



甲田烈「妖怪ラヂオ」

〜2013年11月から新パーソナリティ就任!〜

 2貝目の登場になります!!

 今回まではゲスト無し、単独ライヴになります。



 「妖怪」というと、一般的には『遠野物語』で有名な岩手県遠野地方の「河童」や「ザシキワラシ」をイメージされる方が多いでしょう。この本の著者である柳田國男(1875〜1962)は幼少期に不思議な体験をしており、そのことを『妖怪談義』に収録された「幻覚の実験」というエッセーに記しています。

 自らの体験に深く潜り、それを参照軸にしながら民間伝承を読み解く柳田のスタイルは、彼が批判しつづけた妖怪学者・井上円了(1858〜1919)から学びとったものでもあります。

 今回はこの『遠野物語』や『妖怪談義』、そして青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)でも読める井上円了の文章に触れながら、今年に探索した和歌山の妖怪現象のお話も織り交ぜ、哲学用語としての「妖怪」の誕生とその展開に触れてみたいと思います。

■パーソナリティ:第3週担当 甲田烈(こうだ・れつ)
131218 甲田烈

哲学者・妖怪研究家。

東洋と西洋の哲学・思想を軸としながら、実生活にも応用可能な「非人称的アプローチ」というメタ理論を開発中。不思議な現象が伝えられている現地に赴き、直観的に感じとることと、文献を用いた論理的思考の双方をこよなく愛する。

東洋大学文学研究科博士後期課程満期退学。2004年より相模女子大学非常勤講師・河合塾河合文化教育研究所研究員。著書に『手にとるように哲学がわかる本』(2008年、かんき出版)、共著に『インテグラル理論入門T・U』(2010年、春秋社)がある。

近著は『妖怪を知るためのレッスン』(2014年刊行予定)がある。関連論文多数。
フェイスブック(https://www.facebook.com/retsu.koda)
ブログ「事場師の風景」(http://fieldificator.seesaa.net/)
posted by tamahoradio at 14:24| 2013年放送 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月17日

2013/12/11 『蝶の羽ばたき』ふたこわたる×kumakoさん



12月11日 蝶の羽ばたき

ゲスト:kumakoさん(閉息潜水写真家)
http://www.flickr.com/photos/69479141@N04/

今回のゲストは南房総のダイバーで写真家のkumakoさんです。

ボンベなしで海の底まで潜ってじっとしていると、人体はほとんどが海水と同じような成分でできているため、海と完全に一体になった感覚を味わえるそうです。

ものすごく穏やかで深い智恵を体現しているkumakoさんですが、そんな海のガイドをしたり写真を撮ったりしつつ、房総の美しい海を守るために現在、地元の残土処分施設を巡って体を張って活動されています。

kumakoさん
131211 kumakoさん

http://www.flickr.com/photos/69479141@N04/ (写真)

略歴
2003年 千葉県館山、坂田に移住。 スキンダイビング専門のショップ「アウトフィッターサービスあしびよーら」を開業。
2009年 素潜り写真家としての活動を開始。
2010年 7月、雑誌「フォトテクニックデジタル」8月号にて作品発表。
2011年 1月、新宿エプサイトにて「閉息潜水写真展」開催、期間中600名以上の来場を記録。
2011年 6月、イオン館山店にて「閉息潜水写真巡回展」開催、期間中1000名以上の来場者。
2012年 3月、写真家、鈴木心主催「写真を仕事にするワークショップ」卒業。
2012年 3月、PHat PHOTO「ハイパークラス」卒業。
2012年 5月、雑誌「アサヒカメラ」6月号にて作品掲載。
2012年 7月、南房総白浜、海女祭りにて、写真展「砂取の海女と海」を開催。
2012年 8月、館山、沖ノ島野外フェス「あわのね」にて、屋外写真展「海と祈り」を開催。 京都造形芸術大学通信教育部美術科在籍。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
風使いの小屋

・カウンセリング/コンサルティングのお申し込み
http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P31631504

詳細はそれぞれこちら
カウンセリング http://www.geocities.jp/processworkwf/sessions/
コンサルティング http://www.geocities.jp/processworkwf/consultation/

メルマガ登録(ページ下部)
http://www.geocities.jp/processworkwf/
posted by tamahoradio at 13:37| 2013年放送 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。